赤外線カメラ映像の検証

本城です。

だいぶ遅くなってしまいましたが、以前に予告した赤外線動画の検証を行いました。

対象としたのは、2020年1月3日と12月27日に放送の『ビートたけしの超常現象Xファイル』(テレビ朝日)です。この番組の中で、深夜、自宅にあった赤外線カメラに奇妙な白い物体が映っていたというものが取り上げられていました。

『ビートたけしの超常現象Xファイル』より

たしかに、全体が白く、少し伸びているようなシルエットは奇妙でした。

しかし、飛び方はちょっとパタパタするようなところが見られ、シルエットの一部からも、その正体は蛾(が)ではないかと推測されました。

そこで使われていた赤外線カメラを特定して同機種を入手し、このたび、蛾を使って検証を行いました。

やり方はこうです。まず蚊帳を用意し、その中に一匹の蛾(アカマダラメイガ)を放って飛び回らせます。そして飛び回る蛾を赤外線カメラで撮影するというものです(撮影は横山雅司さん)。

はたして、どのようなものが撮れたでしょうか?

結果は次のとおりです。

左側が検証動画

今回、同じカメラは用意できましたが、蛾は同じ種ではなく、飛んでもらうために蚊帳を揺らして全速力だったこともあり、検証動画では蛾がかなりブレて映っています。

ですが、赤外線カメラでは同様に蛾は全体が白く映ることや、シルエットが伸びて映ることが確認できました。よって、問題の映像に映っていた白い物体の正体は、蛾であると考えて問題なさそうです。

ちなみに、今回は蛾が思いのほか本気を出して飛んでくれたため、ブレて残像が映り、かなり見事な「スカイフィッシュ」の映像にもなりました。

またホコリや小さな虫も、いい具合にピンぼけしてくれたため、こちらはゆらゆら浮遊する見事な「オーブ」になりました。

今回、これらをまとめて動画としてアップしましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す