4日放送の超能力番組

本城です。

皆さま明けましておめでとうございます。

さて、今年も新年早々、超常番組が放送されます。

○1月4日 20:00~22:54 TBS
「超能力スペシャル2010 今夜奇跡が?世界最強超能力者×最新脳科学 ナゾ解明プロジェクト」
▼番組サイトより
ズバリ、科学的に「超能力」を開発する番組! そして、そのキーワードは「脳=BRAIN」!! 人間が通常使用しているのは脳全体の10%程度といわれている。残りの90%は未使用のまま…ということ。この90%をフルに使うことで、誰しも超能力を操ることが出来る「可能性」がある!?この夢のような「可能性」を自分の目で、耳で、体で確かめていただくため、大ホールに2000人を動員して様々な「超能力開発」を行う。番組では「超能力」を「選ばれた者のみの能力ではなく、誰しも備えている能力である」と位置づけ、潜在能力を引き出すための様々な「脳」トレーニングを行う。

今回は「脳」がキーワードだそうです。番組サイトでは「科学的」と書いてあります。しかし脳使用率10%の伝説を真実扱いしている時点で全然科学的じゃないですね。この伝説については春頃に出る予定の新刊で詳しく扱われる予定です。

あと、「全米NO1サイキッカー、ロンバード氏が緊急来日!」とありますが、全米No.1サイキックの肩書きはローリー・マッコリーが使ってましたよ? あとサイキック・Jも。

ナンバーワンは一体何人いるんでしょうかね(笑)。また番組サイトに書いてある「中国テレパシー姉妹」とは、王強と王斌の姉妹でしょう。この2人については『超能力番組を10倍楽しむ本』が詳しいです。

始まる前からトホホな感じがしますが、はてさて、どんな内容になるやら。

4日放送の超能力番組”へ11件のコメント

  1. タノQ より:

    あけまして、おめでとうございます。
    脳全体の10%程度とかいって番組スタッフさんらは視聴率ナン%いけるか、そっちの心配したほうが、いいと思うです。ウラ番組に強力なのがあるから。
    なんつって。

  2. 本城 より:

    タノQさん、明けましておめでとうございます。
    今日の裏番組はスマスマが強力そうですね。しかも始まる時間が中途半端だから、二桁いくかどうか。

  3. タノQ より:

    うーん、いま視聴中なんですが進行ぜんたいダレた雰囲気で…。
    全米No.1サイキッカー ってアケボノのソックリさんでしょうか。彼だとしたらサイキックに励むより血圧とか心肺に気をつけるべきかな、そう思います。
    やれやれ。

  4. ホシノ より:

    長々とやってた紙コップの実験。
    あれだけ黒マジックでグリグリやれば、透けて見えるんでは?と思ってしまいました(紙コップの底って案外薄いし)。アルミホイルで覆うとかがよかったかな。
    あと厳密にとは言わなくても二重盲検的にやってほしかった。

  5. 本城 より:

    番組を見ました。長かったですね。
    とりあえず、いくつか感想を。
    >王姉妹
    92年に日テレの番組でイカサマの現場を暴露されたにもかかわらず、よくこう何度も出られるなと、ある意味感心しました。当時は通訳と関係者を使ったイカサマでしたが、今回の番組ではそれについての対策は皆無。
    あれじゃ、カードを選んだ現場に日本語が話せない王強の通訳なり関係者がいれば、簡単に情報を伝えられます(メールとか)。さらに王斌が実際に品物を選ぶまで1時間近くもあったので、その間に送られてきた情報を確認することも余裕でできるでしょう。
    >ロシアの超能力者
    アイマスクをした状態で本の表紙に何が書いてあるか透視するというもの。
    いや、アイマスクは鼻の所から下が少し見えるんですけど・・・・・・。頬のところが広いアイマスクでも見え具合は変わりません。
    お約束通り、対象物を鼻の下から見える位置に持っていってズバズバ回答されても困ります・・・・・・。しかもスタッフにアイマスクの見え具合を確認させるときは対象物を正面に持って「見えないでしょう?」って、そりゃ当たり前。見えるのは斜め下だから。自分がやったときと同じ位置にしなきゃ意味がない。
    >リモート・ビューイング
    アメリカのブキャナンが出ていました。例によってリモート・ビューイング成功!ということに。
    ところがよく見ると、ブキャナンが透視結果として書いた紙は、確認出来ただけでもA4で3枚もあるんですよね。それに箇条書きでびっしり。そのうちのいくつかだけ都合良く取り上げて当たりました!って、他のたくさんのハズレは無視ですか!?
    >紙コップの透視
    これはホシノさんと同じく、透けて見えているのではないかと思いました。おそらく模様までハッキリ見えるのではなくて、何も書いていない紙コップと比較すると、極僅かに色の違いが出るのかなと。
    実際、連続で当てられたマークは、明らかに黒い部分が多いものばかりでした。この実験については、同じ種類の紙コップさえ入手できれば確かめることができるので、もし入手できたら確認してみたいと思います。

  6. 毒舌日記 より:

    中国テレパシー姉妹のカラクリを考えてみる

    こんな感じではないだろうか。
    あらかじめ姉(テレパシー送信者)が盗聴発信機を所持。

    食材カードをひいたときに若林が「牛肉ですね」…

  7. 佐藤 より:

    はじめまして佐藤と申します。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    紙コップ透視がなんだか面白そうだったので、自分でも試しにやってみました。
    別な種類の紙コップですが、よくある普通の白い紙コップで行いました。
    底を黒く塗って隠した物と、そうでない組のものとでは、光の反射か何かでしょうか、底の部分の色味が違って見えました。
    黒く塗った組のコップは白さが際立つような感じで、少し注意してみれば他との見分けがつきました。
    すると、手元にコップを複数抱き寄せて透視を行うのも、他との色味の比較を容易にするためのテクニックとわかりました。
    別な銘柄の紙コップでの実験ではありますが、解明の一助となれば幸いです。
    駄文失礼致しました。

  8. Elwood より:

    遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
    > ナンバーワンは一体何人いるんでしょうかね(笑)。
    なんか、来る映画来る映画「全米ナンバーワン」って言ってるハリウッド映画の様な…

  9. 本城 より:

    >佐藤さん
    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    >別な種類の紙コップですが、よくある普通の白い紙コップで行いました。
    >底を黒く塗って隠した物と、そうでない組のものとでは、光の反射か何かでしょうか、底の部分の色味が違って見えました。
    おお、実験をやられたんですね。やはり違いがありましたか!
    私もこの透視については継続して調べてまして、紙コップの製造メーカーとサイズまではわかりました。近日中に検証する予定です。佐藤さんの実験結果も参考にさせていただきます。
    >Elwoodさん
    明けましておめでとうございます。
    >来る映画来る映画「全米ナンバーワン」って言ってるハリウッド映画
    まさにそんな感じですね。
    「大ヒット上映中!」とかもw

  10. フォックス モルダー より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    私もこの番組を見ていましたが、紙コップの
    透視を見ていて、微かに透けて見えるのではと思ったのですが、実験をしていた芸人やこの実験を計画した人は、そのことに気づかなかったのか、それとも微かに透けて見える可能性を残すことで、この実験の成功を狙っていたのかもしれません。 あとマジックのインクの匂いもヒントになったかもしれません。
    テレビ番組なので、実験成功が先に決まっているようなものなので、厳密な実験を望む方が無理なのかもしれませんが、それにしても残念でなりません。

  11. 本城 より:

    >フォックス モルダーさん
    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    検証の方はようやくできまして、やはり僅かに色の違いがあることがわかりました。詳しくは次の新しい記事で報告します。
    >テレビ番組なので、実験成功が先に決まっているようなものなので、厳密な実験を望む方が無理なのかもしれませんが、それにしても残念でなりません。
    そういえばASIOSにも参加されている石川幹人さんにこの番組の監修の依頼が最初は来たそうなんですが、実験が厳密になるようなアドバイスをしたら、それっきり制作会社から連絡がこなくなったそうです。肯定的な結論が先に決まっていたんでしょうね。

前の記事

ある犬の一年