『謎解き超科学』の正誤表

本城です。おかげさまで『謎解き超科学』が増刷されることになりました。

今回はコンビニ(サークルKサンクス等)を中心とした大幅増刷です。増刷に際して修正、加筆された箇所は以下に示しました。今後もし修正、加筆箇所がありましたら当ページに追記していきます。

なお赤字の箇所は、増刷決定が29日、入稿締め切りが30日と急だっためチェックが間に合わなかった箇所です。申し訳ありません。次回、増刷があった際には必ず修正します。

※が付いているところは追記箇所

P.4、後ろから4行目
マクロビオティック
→マクロビオティック(玄米菜食)

P.15、後ろから5行目
放射線も電磁波である。
→ガンマ線も電磁波である。

※P.23、キャプション
Adbertising Age
→Advertising Age

P.23、注釈⑦番1行目
坂本章→坂元章

P.24、後ろから4行目
埋論的な根拠
→理論的な根拠

P.29、後ろから5行目
牛乳摂取量の多い国から「オーストリア」を削除

P.44、6行目
引用文の最後に(注・強調は引用者による)を加筆

P.46、1行目
引用文の最後に(注・強調は引用者による)を加筆

※P.69、下段の注釈1~2行目
amazon.jp→amazon.co.jp

P.71、6行目
内部被爆→内部被曝

P.93、後ろから7行目
嘘また間違いである可能性
→嘘または間違いである可能性

P.94、1~8行目
引用文中の字下げがそろってしまっているので正しく修正。
また引用文の最後に(注・強調は引用者による)を加筆

P.125、後ろから8行目
地球は秒速30万キロでエーテルの中を公転しているから
→地球は秒速30キロでエーテルの中を公転しているから

P.134、4行目
「デザイン」の注釈番号が欠けているので①を加筆

P.136、注釈③番3行目
数万年前にに
→数万年前に

P.146、「血液型と性格の間に信頼のある関係があると思うか」のグラフ
「まったく思わない」、「やや思わない」が32%となっていますが正しくは17%。下記のグラフをご参照ください。

P.152、下段の注釈10番
坂本章→坂元章

※P.265 後ろから9~10行目
うまいくいかないと→うまくいかないと

P.283、ASIOSのプロフィール最後の行
アドレスは、URL:
→ URL:を削除

『謎解き超科学』の正誤表”へ12件のコメント

  1. 沖せんちょ より:

    68ページ欄外の”amazon.jp”は正式には”amazon.co.jp”ですよね。”amazon.jp”と打っても自動で”amazon.co.jp”にリダイレクトされます。

  2. ともにい より:

    24ページの写真の下の誌名Advertising Ageですよね。

  3. 本城 より:

    >沖せんちょさん
    >ともにいさん
    ご指摘ありがとうございます。正誤表に追加し、次回には訂正します。

  4. Kow より:

    p.265 後ろから10~9行目
    「うまいくいかないと」→「うまくいかないと」ですね。
    先日の正誤表ページの提案に対応していただき、感謝します。

  5. 本城 より:

    >Kowさん
    ご指摘ありがとうございます。
    すみません、見落としていました。正誤表に追加しておきます。

  6. 春の嵐 より:

    調査報告、いつも楽しみにしています。さて、新刊『謎解き超科学』、152ページ脚注⑩「坂本章」氏は、「坂元章」氏だったとおもうのですが?

  7. 本城 より:

    >春の嵐さん
    ご指摘ありがとうございます。脚注の方が誤りでした。次回増刷時に訂正します。
    また新たにP.125の後ろから8行目にて、秒速30万キロ→秒速30キロの訂正箇所が見つかりました。こちらも次回訂正します。

  8. 春の嵐 より:

    23ページの脚注⑦も「坂元章」氏が、「坂本章」になっていました。

  9. 本城 より:

    >春の嵐さん
    ご指摘ありがとうございました。サブリミナルの項目にもあったとは気づいていませんでした。次回訂正致します。

  10. デビッド・ロックフェラー より:

     千島学説のところでフランス医学アカデミー、ベルナール・アルペルン教授の細胞新生説に関する論文が触れられていないのはなぜですか?

  11. アルバート・パイク より:

     マクロビオティックを否定していますが、田中愛子というマクロビ指導者はこれまであまたのガン患者を治してきており、本人も現在96歳で現役ですよ。

  12. アルバート・パイク より:

     相対性理論否定を否定していますが、そもそもASIOSのみなさんは相対性理論を本当に理解できているんでしょうか?

     下条竜夫という理学博士の言葉にこういうものがあります。

     「私は物理学者のはしくれ(原子分子物理という分野の専門家)ではあるが、相対性理論は専門外なので、正しいのか正しくないのかまったくわからない」